Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

SE Can't Code

A Tokyo based Software Engineer. Not System Engineer :(

グループ会社のエンジニアの集まりに参加した.

life

先日の話だけれど、弊グループの各会社のエンジニアらが集まってワイワイ勉強会などをやってるコミュニティに参加して来た。何気に日本を代表するグループ会社の規模であると思うんだけど、その中でも各社のかなり技術力のあるメンツが集まってるっぽくて、個人的に凄いテンションが上がった。

有名なOSSのコミッターがいたり、セキュリティの研究をしている人やインフラ、言語処理系、機械学習に詳しい人、などなどバラエティに富んだエンジニアが沢山いて、彼らの話に付いていくのがやっとだった。懇親会ではC++の言語処理系の話やセキュリティでの逆アセンブラの話で盛り上がったりして知的好奇心がひたすら刺激を受けた。

僕は今までこういった会社関係のエンジニアの集まりには無縁だったので、なんだか嬉しくて終始舞い上がっていた。特に前の部署にいた頃は、技術に興味のある人が周りに全然いなくて、自分はよく異常値扱いを受けていたし、入社してガッカリしたことと言えばそれに尽きる。技術の話をして盛り上がるなんて限られた同期と先輩が数人いたぐらいで、あとはITに興味無い人がほとんど。入る会社を間違えてると何度人に言われてきたことか。

けどそれは一部の世界でしかなくて、ちょっと外へ出てみると自社にも凄いエンジニアが沢山いて、それこそグループ会社まで広げればもっと数も幅も増える。そしてそうしたエンジニアたちが集まって、意見を交わし、技術力を磨いてる世界は存在する。(まぁソフトウェアを売りにしてるし、知名度的に当然っちゃ当然なんだけど)

最近、あまりにも会社のこととか、グループ会社のことを知らなさ過ぎるな、ということを強く思う。これだけでかいんだ、ただ自分が知らないだけで、もっと面白い組織や仕事は実際にあるんだと改めて実感する。いろんな人に会って情報集めに奔走する日々を送っているが、知れば知るほど面白い。やっぱり一つのコミュニティに閉じるのはどうも良くない。特にエンジニアはね。

こんな当たり前なことに入社4年目にしてようやく気付いたのであった。

Remove all ads