Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

SE Can't Code

A Tokyo based Software Engineer. Not System Engineer :(

エンジニアの勉強時間.

life

凄いなぁと思っていたエンジニアが週に最低30時間は勉強していると聞いてびっくりした。いや、正確には「やっぱそれぐらいやってるからかぁ」と納得したと言った方がいいか。30時間ならたぶん僕も平均超えてるんだけど、出来る人がやる30時間と出来ない人がやる30時間は全然違う訳で、こういう出来る人がめっちゃ普段から頑張ってる話とか聞くとどうしたもんかと考えてしまう。もっとやらないといけないと思うものの、これ以上の勉強時間の捻出は辛いぞ、と。

自分の場合、全然余裕がないからこうやってたまに辛くなるのかもしれない。数学も英語もプログラミングも機械学習も全てが期待する水準に達していないから、時折疲れてしまう。その上、新しい技術が出てくるとそれを追わないといけない。毎日情報の波に呑まれてしまう。やりたいことはもっとあるのに、それに届かない。勉強したい量と実際のペースのギャップがとても歯痒い。少しずつ、と考えるものの、もうすぐ26歳だぞ、と焦りが平行する。

やっぱり周りと比較してしまうのが人間の性なのか。身の回りにいる人が全然技術の勉強とかしてなかったりすると、割と気持ちに余裕があったのに、めっちゃ凄い人が自分以上に勉強してたりすると、途端に焦りと不安が出てきてしまう。ちっちゃいなぁと思ってしまうが、しょうがない、そんなもんだと無理やり納得させる。

30時間とか最低であって、もっとやってたりするんだよなぁ。あの熱意はなんなのだろう。それを持続させるモチベーションはどこから湧いてくるのだろう。疲れる時とかないのだろうか。僕は割と疲れるし、その度に休みを取るけど、どうしてるのだろうな。

特に結論も何もない。ただ、ちょっとその凄いエンジニアと自分を比較して、圧倒的スキルの差の理由を探してみたかった。結局まだまだ勉強不足だ、という話でしかないので、SICP開いて問題解けよ、という話で決着。

Remove all ads