SE Can't Code

A Tokyo based Software Engineer. Not System Engineer :(

モバイルデザインパターン.

読んだ。Nativeアプリをがっつり書くという機会はあまり無いが、自分が携わっているプロジェクトでもNativeのUI/UXは存在し、今までずっと不満を持っていたので勉強の意味でデザインパターンに手を出した。書籍の中では実際のモバイルアプリ(Nativeアプリ)のスクリーンショットを例にして、ベストプラクティスやアンチパターンを提示している。各部品(ネビゲーション、テーブル、など)がカテゴリ毎に記載されているので、辞書として手に取るのも良いし、一通り読破してしまうのも良い。僕は一通り読み切ったがそんなに時間はかからず、「ふむふむ」と言いながら頭に入りやすい構成になっている。

アンチパターンは特にモバイルデザインの違和感に対して一石を投じているように思う。たとえば、「ここはラベルであるべきだが見た目がボタンに見える」「一番大事なアクションが 2 ページ目にある」といった例は、実際に実装したことある人ならば「あぁ、、あるある。。」と実感するところだろう。NativeのUIといえば、基本的なUI 設計の原則である、iOSヒューマンインターフェイスガイドラインAndroidのMaterial designといった基本となるデザイン指針が存在するが、本書はこれらの基本となる公式ドキュメントを読んだ上で、必要となるアンチパターンなどを参照する目的で利用すると有意義だと思う。

デザインは大量のインプットの上で成り立つものだと思っているので、その一つとしてモバイデザインパターンを読むことは参考になる。あとはひたすら世の中のプロダクトを触ってみることが一番だろう。大学時代にサークルのWebサイトを作った時は、馬鹿みたいにWebを巡回していろんなWebサイトを頭に入れた上で、コードを書いていたが、どんどん洗練されていった記憶がある。(たぶん)

昨今、またNativeデザインのトレンドが変わったように思える。AppleのiMusicやAirbnbの新デザインを見てみると、白を基調としたメッセージ性の高いデザインになった。個人的にはもともとMediumのデザインが好きだったこともあり、好きな方向に向かっていっているなという感覚がある。デザインはユーザー体験の意味で一番重要な位置を占めるが、そこでは合理的な判断が下されているようにも思える。

どれだけバックエンドの機能が良くてもデザインが駄目なら使ってもらえないので、デザイン的にも技術的にもこうしたデザインパターンを押さえておくのは必須だろう。非エンジニアであれば、技術的に何が可能であるのか、を知る術となり、エンジニアであれば、UIにおける提案力を手取り早く上げるための良い材料となるんじゃないか。

しかしデザインってやっぱり面白い。そして面白いのだが、僕とかはこの手のセンスが一切無いので、アンチパターンのような情報源があることはとても嬉しい。苦手過ぎてこっちの道で生きていこうとは思わないが。

Remove all ads