Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

SE Can't Code

A Tokyo based Software Engineer. Not System Engineer :(

久しぶりに職務経歴書を更新した.

life

前に更新したのは転職活動をしていた時期なので一年半ほど前になるか。結局会社は変わらず部署を異動しただけなのだが、改めて職務経歴書を更新したら、ガラッとキャリアが変わっていて面白かった。前はSIの業務SEだったのが、なんかデータ解析や機械学習やってたり、海外で研修講師してたりとなかなかのジョブチェンジ。キャリアについて悩みに悩んで会社を辞めようとしていた時期と比べてえらい違いだな、と。

職務経歴書を更新すると自分の経歴を振り返ることが出来るので良い。このままの方向性で大丈夫か、とか、ロックインされたキャリアになっていないか(ロックインというのはその組織でしか生かせないキャリアのこと)、とか、転職市場に出したら需要はあるのか、とかとか。

もともとロックイン感が強すぎる業務SEであることに危機感を覚えて、一からエンジニアとして出直そうとして「会社を辞める」と言っていたんだけど、そこからは抜け出せたんじゃないか。その一方で、転職活動でいくつか内定をもらい、Web業界のフロントエンドエンジニアにジョブチェンジをするか迷っていたことがあったが、そっちの道へ行っていたらどうなっていたんだろうな、とも思う。パラレルワールドがあるのならそっちの世界も見てみたい。

少しホッとしたのはそこだろう。見た感じエンジニアのキャリアになっていたこと。経済的な安定という意味では、この職務経歴書と自分のスキルが全てだと思っているので、転職活動する前は本当に不安で仕方がなかった。まぁ今でも変わらず不安なんだけども。

データ解析とか機械学習を勉強している脇で、もう一つのプラスαで、システムズプログラミングを勉強していたりするんだが、これは"本当"のデータサイエンティストと比べた時の見劣りするところの補完を意図している。やっぱり数学や解析のディスアドバンテージが強いので、プログラミングを強みにしていかないと生きていけない。もう最近はそんなことばかり考えている。

こんな具合に未だに不安感はつきまとっている。まぁ僕自身、そういう不安や焦燥がないと努力しない人間なので丁度いいんだけど、これはいつまで続くのかなぁと少し疲れる時もある。英語やったり数学やったり機械学習やったりコンパイラ書いたり、いろんなことをパラでしているとゴールがあまりにも遠くて泣きたくなることもある。たぶんそれがエンジニアというものなのだろう。

ネガティヴな話題になったが、昔と比べると上向きに進んでいるので良しとする。これからは年齢を睨みつつ、この職務経歴書を更新していくのだろう。5年後10年後とか一体何をしているんだろうな。とりあえずエンジニアとして、どこでもやっていけるようになっていれば、御の字だ。そしていつまでも作ったり壊したりを繰り返していられれば、楽しいエンジニア人生になると思う。あとは一応目標というか夢みたいなものもあるので、それが達成出来れば最高だなと。

そんな感じで文系エンジニアは頑張っております。

Remove all ads