SE Can't Code

A Tokyo based Software Engineer. Not System Engineer :(

英語のプレゼンは体力が必要.

5月の中旬に初の海外出張に行くんだが、僕はそこで現地のプログラマーに対してデータ解析プログラミングの研修講師をすることになっている。ここ最近はメインのデータ解析業務の傍らでこの研修教材資料を作っていたんだけど、資料が形になってきたので、今週からスピーキングの段階に移った。英語のスピーキング力がヤバいので、会社で同僚相手に研修デモをやったり、今日とかも社外の外国人が集まる勉強会で発表したりして訓練しているが、大体1時間くらい話すと1日の体力が持っていかれるほどに疲弊する。

よく発表の最中に言いたい事が出てこなくて、「Well...」や「I guess...」「I think so...」と時間稼ぎをすることが多いが、この時に頭の中の英語辞書を全文検索するのがとてつもなく疲れる。一回じゃヒットしなかったりするので、気持ちO(n)∧2な感じ。特に質問が来た時の対処をするとかなりヘトヘトになる。

良い時期にGWに入ったので、まずは体力つけるためにランニングと筋トレの量を増やした。トレーニングをしている間はTeck系の海外のPodcastを聴いている。それ以外でも基本頭を使わない時は英単語覚えるとかしてる。これは、英語を話せるようになるには気が狂うぐらいに英語漬けの日々を送れ、と偉い人に言われたので、実践してみようと思ってトライしている。(既に気が狂いそうだが)

しかし英語って英語圏で生まれ育ってればこれ無用な努力なんだよな。マイナスをゼロにする努力だけど、結構時間を投下しないといけないから辛い。最近英語に関しては、体力と根性の世界な気がしてきていて、それだけに精神持っていかれる。もうやるしかないんだけどね。

Remove all ads