Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

SE Can't Code

A Tokyo based Software Engineer. Not System Engineer :(

他人のモチベーションを上げること.

最近ちょっと頭を悩ませていることの一つに「他人のモチベーションを上げること」がある。で、僕にとってこれは最も取り組みたくない問題の一つだ。仕事の場合はモチベーションがなくとも、給料をもらっている限りは「やれ」の一言でやらざるを得ないんだけど、それでもモチベーションがあるのとないのとでは全く違ってくるので、割とモチベーションを上げるためにはどうすればいいか、という問題で頭を悩ませている人は多い。で、何度も言うが僕は他人のモチベーションを上げることは基本的に取り組みたくない。なぜなら結局は本人次第という要素が強いからだ。所詮は他人(自分以外の人間)なので、どれだけ言葉をかけたとしてもそれが響くか響かないは本人次第なところがある。声の掛け方は相手のタイプによって何パターンかに分けられるが、一向に響かない人間だっている。たとえば方向性が合ってなかったりするとそりゃそうでしょ、となる。

たとえば仕事の場合だと、その人の方向性とマッチしていないタスクを振って、モチベーションを上げろなんて言っても上がるはずがない。だって、最新の技術触ってアプリケーションを作りたいなんて思っている人に、化石言語と呼ばれるCOBOL書けって言ってもモチベーション上がるわけないしね。

僕はどちらかと言うと、人間ってのは基本的に環境依存だと思っていて、無気力人間はやらざるを得ない環境にぶち込めばいいと思っているし、ベクトルを持っている人はそれに合うところにぶち込んであげればいいと思っている。だから精神論とか振りかざすような人は大嫌いで、もしそういう人が環境を用意すべきポジションの人なら、その人に合った環境を用意してあげるべきだと思っている。仕事で言うとマネージャーでそれが出来ていない人を見ると、仕事出来てないなと思う。子供の場合だとそれは親になる。とはいえ、最終的には自己責任の世界なので、最後は自分で勝手にやってくれとなるんだけども。

まとめると、僕は言葉をかけて他人のモチベーション上げるということはそんなに効果的ではないと思っていて、そういう場面に出くわした際は、どういう環境を用意すればその人のモチベーションは上がるのだろうか、ということを考えべきだと思っている。そしてそれについて僕は今絶賛頭を悩ませている。ジャングルに放り込むというのが有力だが、どうしたもんかと。ちなみにこれは仕事とは全く関係はないという。

Remove all ads