SE Can't Code

A Tokyo based Software Engineer. Not System Engineer :(

英語でファシリテーターやる.

先週から社内英会話がスタートしたわけだが、今週のレッスンはビジネスマンとしてのディスカッションを学ぼうというお題目だった。講師が何度も強めに言っていたのは、とにかく喋ること。喋らない人は駄目だ、ということだった(誇張入ってるが)。相手の意見を聞いて、Agreeなのか、Disagreeなのかリアクションする。具体的な例を出して自分の意見をフォローアップする。ゴールをはっきりさせてから議論をスタートする。時間をコントロールして、議論を収束させていく。などなど。当たり前のようなことを並べた気がするが、アメリカなどではより顕著に意識する必要がある。こうしたことを意識して、講義の中で覚えたフレーズを使いながらひたすら英語でディスカッションをした。

で個人的に結構辛かったのが、ロールプレイでchairmanをやったことだった。ディスカッションを回すファシリテーターをやったわけだが、なかなかこれを英語でやろうとすると骨が折れる。話をどうやって収束させていこうかと考えていると、相手の英語が聞き取れなかったりしてなかなか厳しい。何より瞬時に英語が出てこなかったりすると、議論を停滞させてしまうというのが辛かった。 ただ、こうした厳しさもあれど、実はめちゃくちゃ楽しかったりもする。英語で自分の意見を伝える事が出来るとなんとも言えない高揚感が出てきて、(喋れないけど)もっと喋りたいという欲がどんどん出てくる。きっとこの「もっと喋りたい」という意欲が英語の学習において一番大事なんだろうと思う。

瞬間英会話とかやってフレーズ集を頭に叩き込んでいるが、やっぱりまだすんなりとは出てこない。とりあえずI think so..やI guess ..といった場繋ぎフレーズで乗り切っている。ここを瞬時に出せるようになるのが直近の目標だな。

Remove all ads