Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

SE Can't Code

A Tokyo based Software Engineer. Not System Engineer :(

検索の次に来て欲しい世界.

この前、会社の同期に開発中のサービスアプリの意見を聞かせてくれと言われて応対したんだけれど、その時どういうものがあると嬉しいか、という質問があった。日頃から不満を持っていることを解決してくれるアプリがあると嬉しいので、いくつか不満を挙げたんだけど、その中で一番の不満をここに書く。

僕にとっての一番の不満は「検索」だ。 僕はとにかく検索ってやつが嫌いだ。というのも検索というのは、スキルに依存するところがあるからだ。何かを調べたい時、Googleにクエリを投げるわけだが、その時組み合わせる単語スペース単語スペース..がイマイチだとなかなか意図したページにヒットしない。たとえば仕事のプログラミングで何かにハマったとして、僕は極力英語のページを当たろうと思っている。当たり前ながら英語の方が情報が多いし、一次情報であることが多いからだ。ただ、この英語での検索がなかなか骨が折れる。僕はそこまで英語の語彙力がない人間なので、意図した単語の組み合わせが導けないことが多い。これはとてもストレスがかかる。いくつものページを閲覧して、この単語じゃダメだと書き換え、またいくつものページを閲覧して、、これを繰り返すだけで時間は過ぎていく。この例だと僕の英語力が低いことが一番の原因だが、仮に日本語でも同じ問題に出くわす事は多い。

あと今の検索に対する不満だと、情報の鮮度の問題もある。たとえば旅行に行って、地元の人がよく行くご当地の美味しいご飯や場所に行きたいとする。その時、現地の人スペースご飯、などと検索すると思うが、結果のページに載っている情報が本当に地元の人がよく行くお店かどうかはわからない。どこかの誰かが勝手に調査して、地元の人がよく行く!と銘打っていてもそれはもう既に一次情報ではない。これらは多くの人が閲覧している信用の高いページだが、自分が求めているものかと言うとちょっと違う。

ここらへんは僕が勝手に思っていることなので、もしかしたらGoogleの検索アルゴリズムがいい感じになんとかしてくれているかもだけれど、とにかく僕は検索スキルが致命的に高くないので、そもそも検索をしたくない。だから僕の望む世界は、検索をしない世界だ。イメージしやすいのは、レコメンドなんだけれど、自分のプロファイルと類似する人間から類推して欲する情報が降ってくる世界を望んでいる。さすがにこれは受け身すぎるので、「検索機能に人間と人間の関係性を組み込んでほしい」、ということにしておこう。

Googleなんて端末触っていればわかるけど、正解データ収集機能を既に実装しているし、それらをもとに機械学習してユーザー情報を更新しているだろうから、案外すぐに出てくるんじゃないかな、と思ってる。てかもうあったりして。

Remove all ads