SE Can't Code

A Tokyo based Software Engineer. Not System Engineer :(

アメリカ人と京都行った.

最近仲良くなったソフトウェアエンジニアしてるアメリカ人と弾丸で京都に行った。京都旅行の経緯は本人が京都に行きたい京都に行きたいと言いまくっていて、僕自身が京都の隣の滋賀県出身で学生時代はよく京都をうろうろしていたので、「じゃあ案内するよ」ということで弾丸京都旅行を企画した。

1日中英語で話していたので非常に疲れたが、とても楽しい1日だった。僕自身、英語はダメダメで未だにオンライン英会話で毎回ドキドキ緊張している程英語に慣れていないんだけれど、相手が優しかったというのもあり、なんとか京都を案内することができた。向こうはネイティブだったのでやっぱり聞き取れない英語が度々あり、旅行の中で何回も聞き直す場面があったのだけれど、その度に笑って会話を続けてくれてかなり救われた。旅行の後半になると段々と耳が慣れてきていて、結構スムーズに話すことが出来ていた気がする。プログラミングもそうだけれど、やっぱり詰め込み式が一番効くのだなと改めて思った。

旅行にあたって、僕は結構下調べなり準備をがっつりやったんだけれど、それがかなり喜んでもらえた気がする。京都の定番中の定番の哲学の道銀閣寺あたりを回ったんだけれど、その場所その場所の歴史や思想について事前にWikipediaで押さえて英語に訳したものを頭にぶち込んでいたので、相手に簡単に説明することが出来た。本人は日本の歴史が好きだと言っていたので、道中では幕末の話で盛り上がったりした(僕は新選組山南敬助について熱く語ってやった)。旅の最後の方では鴨川に寄ってのほほんとして、すき焼き食べて、個人的にも楽しめた100点満点な旅行だったと思う。

ちょっと前から英語意欲高めて勉強しているが、実践形式の英語学習は机上の学習の何倍もの効果があることを最近実感している。語学の勉強なんて苦痛以外の何ものでもないが、こうやって人とコミュニケーション取れたりするとやっぱり嬉しいし、もっと英語喋れるようになろう!と意欲が高まってくるからいい。エンジニアたるもの英語出来ないと!という煽りを受けて頑張ってはいるが、やっぱりまだまだ英語力足りないな、と思うのでより一層精進していきたい。

早く海外行って文字コードから解放されたい。

Remove all ads