Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

SE Can't Code

A Tokyo based Software Engineer. Not System Engineer :(

エンジニアの資格勉強の話.

入社1年目でSEとしてのキャリアをスタートした当時、どういうスキルを身に着けていけばいいかがわからなかったので、とりあえず資格取得に走ったことがある。右も左もわからなかったため、まずは資格取って自信と安心を手に入れようという安直な考えだったのだが、最近そういった資格取得に熱意を燃やしていた時の話を友人とした時に「なんかやり方が馬鹿っぽいよね」と言われた。昔のことなので馬鹿っぽいと言われてもダメージは無いんだけれど、あの時取得した資格たちは実際に役に立っているのかを改めてまとめて反省をしてみた。

取得した資格

資格カテゴリ学習期間
基本情報IT全般7日
CCNAネットワーク2ヶ月
LPIC Level2Linux1ヶ月半
Oracle Master BronzeDB1ヶ月半
Oracle Java SilverJava1日
Ruby SilverRuby1ヶ月
簿記二級会計1ヶ月

一つITと関係がないのが混じっているけれど、上記が入社してから2年目前半くらいまでに取得した資格一覧になる。
だいたい一ヶ月ちょいぐらいの短期集中で勉強していた。CCNAはネットワークの実務経験が無かったので、シミュレーション問題の対策で結構苦労した記憶がある。

モチベーション

当時僕が入社してまもなくまだ若かった頃、原因不明の底知れないやる気があり、とにかく他の人の倍は勉強しよう!なんて意欲に満ちていた。しかし冒頭でも述べたが、何をどう勉強したら良いのかがわからなかったのと、僕自身がどういったエンジニアになるのかという方向性と展望が全く無かったため、とりあえず満遍なく基礎を抑えつつわかりやすい目標設定という意味で資格勉強に走った。結果、各分野の入り口を舐めた程度の資格がずらーと並んでいるといった具合である。
資格のチョイスはその時携わっていた業務に関係している。たとえば、CCNAだと1年目の時にオフィスのネットワークチームなるものにぶち込まれたのがきっかけだったり、OracleMasterだと2つ目のプロジェクトがDWH系のシステム開発であったから、といったようにその時その時に合わせて資格を選んでいた。つまりこの頃の僕はただの資格オタクだったと言うまでもない。

資格勉強

大学受験生のごとく毎日6時に起きて勉強して出社して、定時ダッシュ後は夜2時くらいまで勉強するみたいな生活をしていた。プログラミングとか英語とかもやってたので全てを資格勉強に費やしていたわけではないが、結構規則正しい生活を送っていた気がする。この新人の時期ってあまり大したITの知識がないので、新しい知識を仕入れるのはとても楽しかった記憶がある(まぁ、OracleMasterのDBAとか苦痛以外のなにものでもなかったが)。あと僕の新人時代は全く技術と無縁の業務をやっていたので、技術に対するフラストレーションをこうした勉強で爆発させていたという背景がある。こうした背景が僕をただの資格オタクにしたのは言うまでもない。

良かったこと

一番のメリットを挙げるならば、勉強する姿勢が身に付いたという点だと思う。毎日机に向かうことをルーティン化させるようになったのはなかなか大きかった気がする。ITエンジニアは技術を追いかけて一生勉強し続けないといけないので結構大事なことかな、と思う。
あと最近ようやくあの頃の勉強が生きる場面に出会すようになった。たとえばOracleMasterである程度のDBの基礎知識をインプットしていたおかげで、設計やコーディングの時に助けられることはたまにあったし、LPICもちゃんと役に立ってくれる場面はあった。上流SEとして調整業務ばかりしていた時は、資格なんてなんの役にも立たなかったが、ちゃんとエンジニアリングをやるようになってからは恩恵を感じている。ただ、資格が仕事に本当に活きるというのはそれほどないのが現実である(だってciscoのネットワーク機器とか普段触らないしね)。個人的に資格なんてちょっとしたアピール程度にしかならないと思っているが、僕はそこまで資格を使ってアピールをしなかったので、結局僕はメリットを享受できないただの資格オタクだったというのは言うまでもない。

振り返り

資格は実践とは掛け離れているので(ベンダー資格は実践に近いかもだけど)、資格そのものに大した意味は無いと思っている。ただ僕が取った資格はコンピュータを扱う仕事に就くのなら最低限押さえておくべきレベルであると思うので、無駄ではないとも思う。とはいえ実践で使えないと本当に無駄になるのでちょこちょこ忘れないように勉強し直していく必要はある。別にNWエンジニアになりたいわけではないが、ネットワーク知識は割と必要だと思うので、そろそろ補完し直さないとな、と最近思ったりしている。(しかし時間がない)

結論付けると、資格はただの飾り、所有することに大した意味はない。ただ目標設定にはよい指標ってことで。
現場からは以上です。

Remove all ads