SE Can't Code

A Tokyo based Software Engineer. Not System Engineer :(

下町ロケット観た。

会社の先輩らが面白いと言っていた下町ロケットなるドラマを観た。小さい中小企業の部品メーカーが自分達の作り上げた技術を中心にあーだこーだと大企業や銀行と闘っていく話で、まだ2話しか観てないがとても面白かった。元々JAXAの研究者だった主人公の社長は技術というものに対してかなりの愛着があり、モノづくりの楽しさというものがとても伝わってくる。

僕はSEとしてシステム開発に勤しんでいるが、プログラムを考えて作っている時ほど楽しい時間はない。知識と技術が圧倒的に足りていないので、頭を抱えて落ち込む日々だけれど、勉強して少しずつ出来るようになっていく過程は中毒性があるほど楽しさがある。

仕事で、機械学習アルゴリズムを考える時に、ホワイトボードに数式が埋め尽くされてメンバーとディスカッションするのだけれど、これをやるたびに僕は頭を抱える。どういう数式モデルで問題を解決するのかと話した後、コーディングに移るがコーディングもエラーとの闘いで地道な作業となる。ただそういった過程を踏んだ上で結果が出た時の楽しさというものは他にはない。下町ロケットでも部品メーカーの社員らと地道に研究を繰り返していた日々の事を、技術部長が振り返って「あの頃は楽しかったなぁ」と言っていたが、わかるわかる超わかると共感の嵐だった。

この土日もひたすらコーディングをしていたが、こうやって夢中になれるものがあるのは幸せなことなんだろうと改めて思う。下町ロケット観て、モノづくりは楽しいってことで、明日からまた一週間楽しんでモノ作っていきたい。

Remove all ads