Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

SE Can't Code

A Tokyo based Software Engineer. Not System Engineer :(

気持ちの整理と決意表明。

昨日は弟の葬儀だった。 僕は男四人兄弟の長男だが、亡くなった弟は三男になる。弟は貨物列車と接触事故を起こし、脳に大きなダメージを受けて一ヶ月ほど集中治療室に入って頑張っていたが、そのまま意識が戻らずに亡くなった。 医者から脳神経やら脳幹へのダメージといった話を聞いた時には、ある程度覚悟していたが、いざ亡くなると気持ちの整理が難しいものだった。

三男は僕とは真逆の性格をしていた。子供の頃なんて本当にゲームばかりやっていたりと、自分の好きなことやりたいことに愚直に行動するといった弟だった。性格自体、とても素直なやつだったのでそれがそのまま趣味嗜好に反映されたのだと思う。僕はそんな今を楽しむ弟に対して若干将来が心配だったので、好きなことだけをやってては駄目だと、よく遠回しに言っていた。これについては鬱陶しい兄貴だったんだろうなと後悔している。

ただ弟はそういう素直な性格だったせいか、友達も多くて、今年に入ってからは初めて彼女も出来ていて、なかなかに人気者だった。彼女は本当にとても良い子で、こんなに出来た子はなかなかいないと思うほどしっかりした優しい子だった。うちの母親とは友達みたいに仲良くしていたし、うちの親戚ともすぐ打ち解けて楽しそうに話しているのを見て、弟がこの子と結婚したら楽しくなっただろうなと思った。
弟は幸せなやつだった。その分、とても悔しい気持ちになる。まだ21歳で、これからだったと。

本当に、本当に後悔しかない。
けれど、いつまでも泣いてたり、うじうじしてる訳にはいかない。 今回の事で、これから先何が起こるのかは本当にわからないということを学んだ。そして、地に足付けてしっかりとしていないといけないと改めて思った。特に僕は長男で、まだ下には弟が2人いるので、早く一人前にならないといけない。

たとえ会社が潰れたとしても家を支えられるくらいになろうと思う。僕なんて会社のでかい看板に守られているだけの会社が無ければ何も出来ないやつなので、どこへ行ってもやっていけるエンジニアになろうと思う。そのためにはもっと勉強しないといけない。

もうサボらない。手を抜かない。毎日続ける。後悔しない。

こんな決意表明、入社した時にやってろよという話なんだけれど。

亡くなった弟に恥じない生き方をしよう。
そう誓いたいと思う。

Remove all ads