Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

SE Can't Code

A Tokyo based Software Engineer. Not System Engineer :(

ユーザー企業の内製化について

最近徐々にだけれども、ユーザー企業のIT内製化が進んできているように思える。
たとえば直近だと日経新聞が内製化したよーという話があり、新聞業界での内製化の話はなかなか盛り上がっていたと思う。個人的にはとても羨ましい開発環境だったりするので、転職チャンス!なんて言って周りのエンジニアらと騒いでいた。あとファーストリテイリングフルスタックエンジニアの募集をしていて注目を集めてたかな。僕はユーザーの内製回帰が理想的な世界だと思っているので、これはどんどん進んでほしいと思う一方で、SIerの人間としては危機感というものを持たざるを得ない状態だとも思っている。

speakerdeck.com


これまでのユーザ企業はITにリソースを割かずに本業に集中してリソースを割くという所謂「選択と集中」を行ってきた。しかし、最近は''作れる''エンジニアを雇って自分たちでもソフトウェアを作ろうという流れがある。その背景には一つクラウドがあると思っていて、今まではベンダーに発注をしてオンプレ環境の上でシステムを作るという形式であったために、どうしてもユーザー企業が手を出すのが難しいという側面があったが、AWSといったクラウドの登場によってハードの制約から解放されたために、構築も運用もユーザーが手を出せる時代がやってきたと言える。

特にIT投資という面でも社内の業務基盤からサービス化の方に比重が置かれるようになったということもあって、その場合にはクラウドが非常に都合が良かったりする。スモールスタートから始めてスケールアップを柔軟に出来ることは、成長が未知数なサービスにとってはオンプレよりも安くつくし、構築も運用も比較的し易いという面がある。

また、クラウドで成り立つPaaSでは、元来エンジニアが自分たちで実装していた汎用的なシステムは既に実装されていて、使う側はPaaSの使い方を学びさえすれば自力で実装する必要なく、より付加価値を乗せるための開発に注力出来るようになった。特にAWSのサービス数はかなりの種類と数があり、AWSのサービスを上手く組み合わせればスピード感のある開発が実現できるようになっている。このような技術の発展から、インフラが簡素化し、自分達特有の開発により注力できるようになったことは内製化助長の一端を担っていると思う。

僕が実際にユーザーの内製化の流れを実感したのは、上記のような話をAWSサミットでのユーザーセッションを聞いたことだった。そのセッションでは大企業のユーザーがオンプレからAWSに移行して上手くシステムを構築しているよ、という話なのだけれど、その中でも印象的だったのが、「''攻めの投資''のためにインフラの人員を減らして、よりサービスを作る方向にリソースを割いていく」という話だったり、「もう全部自分たちで作っている。内製化するとスピード感があるので、サービスを作る上で大きなメリットがある」という話があり、あぁこれはベンダーは辛くなっていくなぁといった感想を持った。個人的にはこの流れは大賛成なのだけれど。

【パネルディスカッション】ユーザーがユーザーに聞く!AWS 導入者が語るココダケの話 (AWS Summit Tokyo 2015 | EG-05) - YouTube


今後は大企業から内製化が進んでいくのではないのかなと思っている。多くの企業がエンジニアを雇い出す時代が来るのかなと。
僕はあまりSIerといった形式にこだわりはなくて、むしろSIerだと業務知識は身に付くが、技術が身に付きにくいというイケてないところがあったりするので、いずれ何かしらの形でSIから脱却したいなぁと思ってはいる。社内でもSIやめて新しいビジネスやろうとしている人はちらほらいるので、それに乗っかりたいなと虎視眈々と狙ってたりする。

今後仮に内製化がさらに進んでいったとすると、受託を続けるにせよ、ユーザー企業に転職するにせよ、求められるのはエンジニアとしての自分でサービスを作れる力じゃないかと思っている。あるいはデータ分析力。SIに蔓延る上流で管理ばかりしているような人は限られた人だけで、その他はいらなくなるんじゃないかと思ったり。

そういった時代が来た時に備えて勉強しろって声がどこからか聞こえてきたような気がしたので、ここらへんで打ち止めます。
線形代数微分、、積分、、、

Remove all ads