Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

SE Can't Code

A Tokyo based Software Engineer. Not System Engineer :(

No English , No Engineer's Life.

英語の話。

Udacityの講義を受けていると日本語対応していない講義が多く、その際は頑張って英語字幕で読みながら内容の理解に努めるのだけれど、やっぱり素で英語を聴き取れる人との理解の差や学習速度の差ってのは大きいと思う。
ITの世界にいると、一次情報としては英語がやっぱり強くて情報量は日本語と比べても全く比にならない。バグで困った時はStackOverFlowを頼るし、OSSを触る時は英語のドキュメントを読まなければいけなくなる。よく日本人がチュートリアルとかを日本語に翻訳していてくれたりもするが、困った時はやっぱり英語で当たるしかなくて、勉強をすればするほど英語を学ぶ必要性に駆られる。ITの世界で食っていくのならば、英語が出来ないことはエンジニアとしてはかなりディスアドバンテージで、それだけで世界にいるエンジニアに差をつけられているのだと思う。そうでなくとも技術的に圧倒的に遅れを取っているのに。

英語に限らず技術もそうだけれど、知らないことで考える幅が狭くなることが一番恐ろしい。上流工程を担当するSIerのエンジニアは技術力がないことが多いけれど、技術力がないというのはそもそも技術を知らないことが多い。今世界にはどういう技術があって何が実現出来るのかを知らないと、目の前にある課題のITによる解決策をかなり狭い世界でしか答えを出せなくなる。本来なら様々な技術を自身に修めた上で、その中で一番筋の立つ選択をしないといけないのに、それができない。
英語についても同じで、英語が出来ないことによって知ることの出来る情報量が少なくなり、結果として限られた中でしかモノを考えられなくなってしまう。特にITの世界ではスピードがものを言うところがあり、この情報格差は速さの面でも海外のエンジニアと比べて劣ってしまうことが考えられる。

つまるところ、この世界で生きていくのならば、英語と技術は必須なものであって、それらをなるべく早く自身に修めることが大事だということです。そして勉強したい量に対してペースが追いつかないのは、サラリーマンの悩みでもある。
やっぱり圧倒的に欠落している書きと話しのアウトプットの機会を作らないといけないですね。

以上、日本の現場からお伝えしました。

Remove all ads