SE Can't Code

A Tokyo based Software Engineer. Not System Engineer :(

利息で生きていく。

自分に何があるのか、ということをよく考える。

 

よく考えてみると、何もないことがわかる。

 

現状、そんな感じ。

 

 

 

 

 

ソーシャルネットワークが広がっている現代で、僕は今まさしく現代っ子をやっている。すると情報ってやつは海も山も越えて自分に伝わるようになった。豊かに見えるあの国でも、ホントは若者に職がないだとか、この仕事は市場価値がないだとか。主には労働的情報。働かざる者食うべからず。

 

僕がもし、日本という国以外で生まれていたならば、こうして無事に生きてはいなかっただろう。

この国はなんとも、ある意味でイージーな国だと思う。勝手な思い込みなのだけれど、あながち的外れではないのではないか。僕みたいなこれといったスキルのない人間が、所謂大企業に就職するのだから。これが他の国なら路頭に迷っていること間違いない。寒いのが苦手な僕としては、生きていくのも困難だろう。暖房のある暮らし、ラーメンを食べられる暮らしが最高だ。

 

 

イギリスでは、大学を卒業しても職がないらしい。

それは日本でも言えることでもあるけれど、僕みたいな人間が就職出来て、大変優秀なイギリス学生が就職出来ないということであるならば、大きく違うと言えるだろう。そして実際にイギリスでは、職を求めてヨーロッパの他国へ渡り歩くのだとか。本当なら恐ろしい。僕は英語を特に喋れるわけではないので、移り住む国がない。これでは路頭に迷う。働かざる者食うべからず。

 

 

 

 

グローバル規模から小さなコミュニティ規模まで話を落としてみる。

 

僕の周りは僕より優秀であると思われる人が沢山いる。彼らを見ていると、自分には何があるのかが疑わしくなる。

これから社会人になるわけだけれど、僕は彼らに対抗できるのだろうか。上を見れば腐るほど上がいるのだけれど、彼らは僕の斜め上に複数いる。非常に現実味があり、これから向き合っていくものだ。しかし、斜め上という微妙に位置だからこそ、正確な距離を僕は測れてしまう。それが厄介なんだ。本当に。精神的に。

 

 

 

彼らと比べて自分に何があるのかを考えてしまう。

 

よく考えてみると、何もないことがわかる。

 

比較が所謂「自分」を形成している。

 

それは部分的で、かつ全体的。

 

僕はあらゆる部分で劣っている。

 

そして全体的に劣っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから先、僕は市場に放り出される。

価値があるのか、あるいはないのか。需要があるのか、あるいはないのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

利息を出せる人間になろう。

 

でなければ、路頭に迷え。

 

働かざるもの食うべからず。

 

 

 

 

どうもありがとうございますた。

Remove all ads