SE Can't Code

A Tokyo based Software Engineer. Not System Engineer :(

友人の区分。

 

 

僕は系統別に友人を区分する。

 

真面目な話をする友人、

ふざけ話をする友人、

尊敬する友人、

軽蔑し合える友人、

恋愛話をする友人、

沈黙のまま隣にいられる友人、

写真で繋がる友人、

酒を飲み交わせる友人、、

 

...

 

 

 

 

それぞれに共通することは、"対等"であるということ。

僕によってカテゴライズされた友人達は知らぬ間にその道のスペシャリストとなる。

そして僕は、横断させることを極力避けたがる。

ジェネラリストが現れると、距離を取ってしまう自分がいるからだ。

それはその時、"対等"が見えなくなるからだ。

 

 

 

比較優位に則って、友人をカテゴライズすること。

これは皆、知らず知らずのうちにしていることだと思う。

ただ意識的に認識していないだけだ。きっと。

 

 

 

 

 

そして、そうした中で現れる、

 

全てを横断する"対等"な人間というものを、「親友」と呼ぶのではないかと僕は思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やれやれ、

 

機能的に友人を捉えるなんて、マトモな人間のやることじゃないよ。

 

 

それは間違いないね。

 

 

 

 

どうもありがとうございますた。

Remove all ads