SE Can't Code

A Tokyo based Software Engineer. Not System Engineer :(

無菌培養。

 

 

 

自分の"思考"というものは、少なからず「読書」の影響を受けている。

 

というのを、過去に言いました。自分の頭ぽっきりで思考してたら、所謂”むっちゃ稚拙な人”になるんじゃないか、と。無菌培養した、本当に自分の頭でゼロベースから考えた思考なんてものは、とてもとてもちっぽけなものでしかない。それこそ"凡人"なのだから。だからこそ、「読書」があるわけで、先人の賢人達の頭を借りて、思考をする。これが凡人の僕らの対抗手段である。これは音楽にも、"写真"にも当てはまるものであると思うのです。

 

 

僕は、これを"写真"で確かめようとしました。

 

 

 

無菌培養したものは、本当に稚拙なものでしかないのか。

他者の介入を一切許さず、自分がゼロベースで創り上げると、どうなるのか。

 

 

 

結論から言うと、

 

「ガキっぽさしかなかった」

僕の写真は、非常に浅はか、かつ、意味付けが非常に難しいものとなりました。まあ、難しいのは当然です。だって、「意味の付け方」を知らないのだから。「表現の仕方」を知らないのだから。僕は自分自身の中から、自分というものを写真という媒体を使って表現する方法を見つけ出そうとしました。けれども、やはり自分自身が思いつくものなんてものはたかが知れています。初めから、いろんな方法論を学び、いろんな写真を見て、いろんな話を聞いて、いろんな思想に触れて・・・外から積み上げていっていれば・・・・・そう思うのです。その先に自分独自の思想があったかもしれない、見つけられたのかもしれない。むしろとそっちの方がオリジナリティーを形成する確率は高いのではないか。

 

 

 

カメラの構造なんて、そんなに知らないし、

こうすればこんな写真が撮れるなんていう想像力なんてものは、ない。

 

 

人はまず真似ることからスタートする。

それは必要な過程。結果を生み出す為の。自分を作り出す為の。

 

 

 

 

無菌培養したものは、わけのわからない破片をポロポロとこぼしていくだけです。

人目にも自分目にも洗練されているオリジナリティーを表現するには、多様な価値観に触れること。その価値観自体、既に多くの価値観と接触していて、"感"はより積み上げられ、強くなっている。その"感"に触れないのは、非常に勿体無いことです。そして表現の手法、方法論に数多く触れること。表現できなければ、意味などないのです。圧倒的な主観も、人に認知されて始めて主観となるのだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

酔いながら思うがまま、書き殴りました。

 

意味がわからないのは、僕も同じです。

 

 

 

「殴りてえやつは、殴る」

 

 

 

 

 

どうもありがとうございました。

Remove all ads