SE Can't Code

A Tokyo based Software Engineer. Not System Engineer :(

時薬のはなし。

 

 

"じぐすり"ではない。"ときぐすり"。

 

 

「一番の処方箋は時間だ」とよく言います。この薬は万能薬だ。浅くとも深いとも、心に傷を負えばその治療に悪戦苦闘する人が世間大半でしょう。ガラスのハートにヒビが入ってしまえば、たちまち人は弱くなる。一瞬で自分がこの世で一番不幸なのではないだろうか、と思ってしまうぐらいに。そんな時はやっぱり、"時間が癒してくれる"。どんな傷も時間に身を任せれば、あらかた治してくれる。時間が経てば、笑い話にだってなる。傷を風化させてくれる、という表現が合っているかはわかりませんが、そういった絶大な力がこの時薬にはあります。

 

ただし、この薬、同時に劇薬でもある。

風化した記憶、過去に自分を傷つけた記憶が、突然ありありと蘇ってくる時がある。この時ほど記憶の鮮明さはない。まるで過去を疑似体験しているような、そんな感覚にもなる。この劇薬によって古傷が痛みだし、前へ走ることができなくなってしまう。最悪、自分の殻の中に閉じこもって自殺してしまうなんてことも起こったり。この通り、時薬というものは、万能薬でもあり、劇薬でもあるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解決できる問題、解決できない問題というものがある。

 

じゃあ、治る傷、治らない傷というものがあるのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで忘れてはいけないことは、薬というものは"手助け"をしてくれるものに過ぎないということです。

時薬もまた、手助けをしてくれるだけ。時間をかけてでも、傷と向き合うことでができれば、時薬は万能薬となるでしょう。しかし、長い時間傷から目を逸らし続ければ、劇薬となって人に襲いかかってくるかもしれません。使い方を間違えば、薬は凶器にだってなるのです。そしてその正しい使い方とは、しっかり傷と向き合うことなのではないか、そう思うのです。

 

 

 

それが大人になることなのだと。

 

僕はそう思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お゛れ、が万能薬にな゛るんだ!(© チョッパー)

 

いつでもこの僕が、あなたの相談に乗りますよ。はーと

 

 

 

どうもありがとうございますた。