SE Can't Code

A Tokyo based Software Engineer. Not System Engineer :(

"じりつ"のはなし。

 

 

 

「自立は案外できるもんだが、自律ってのは難しい」 

 

 

いつぞやの教授の言葉。二つの「じりつ」に関して述べていた。 僕はなかなか深いな、と思いケータイをすっとポケットに突っ込み話を聞いた。 

 

 

注目は"自律"のほう。 

自分を律する。よく聞く言葉ではあるけれど、具体的には何ぞや。とある国語辞典にはこう書いてある。 

 

 

「他にしばられず、自分で自分の行動を制御すること。」 

 

 

いわゆるセルフコントロールに近いか。いや、違うか。まぁ、個人的には「『しゃん』とすること」って言い換えられるような気がする。 

 

 

 

 

 

で、自律ってどうやるのだろうか。

 

とある本(怪しげなものではない、素晴らしい本。あまりにも素晴らしいので教えない)に自己を律する方法が書いてあった。 

 

 

「腕立て臥せを一日一回」 

 

 

 

これだけ。 

しかし危篤状態などに陥らない限りは必ずやる。もしその日できなかったら次の日は二回。 

 

簡単でいい、自分に義務を貸す。 

 

 

僕はこれをちょいとアレンジして一日百回(半分ずつにわけて二セットだが…ひ弱である)やっている。帰宅して疲れて寝てしまった次の日は二百回。まだなんとか続いている。 

 

 

 

 

 

ここでスポーツをしていた人ならこう言うだろう、

 

超回復を無視している、同じ負荷の運動を継続するのはよくない。 

 

 

かたやボンクラはこう言う、

 

いや、わし腕立てとか無理だし。 

 

 

 

両意見はここでは無視です。 

そこが話の本筋ではないのです。 

 

 

 

 

 

とにかくやることが大事なのだ。そっからなのだ。 

 

んで腕立てでもなんでも義務を課せればなんだってよいのだけれど、個人的にはこの腕立て臥せという単純明快、かつ自分に負荷を与える動きというのは、他とは違った特殊なものであり、オススメである。 

 

 

 

 

 

これは「必ず一日に一つは英語の長文を読む」と言った類のものとは性質が違う。 

 

「腕立てなんぞ必要がない限りやらなくてもよい」 けれどそれにも関わらずやる、といった点にちょいとミソがある。 純粋な"継続"が腕立て臥せにはある。それ以外の意味合いはない。シンプルさを極めることで、より、強く、濃く、鮮明に意識の奥底に強い精神を刻み込む。何かを「得る」だったりの目的は無く、完全なる"精進"の世界。

 

 

とにかくやる。そして何だろうが継続する。この精神。 

 

 

 

 

 

 

あなたも、何か一つ義務(duty)を課してはいかがでしょうか。 

 

国民総腕立て計画、ってか。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

余りにも、脆いおはなし。

 

 

どうもありがとうございました。

Remove all ads